社員旅行プレ企画 in 北海道 – case3

こんにちは。ず~です。🦒

ジェネスティの社員旅行制度を考えようということで、5月末に実際に北海道にプレ旅行に行ってきました。

社員旅行と一口にいっても方向性は「これからの自由な社員旅行制度を考える」ということが目的です。

北海道と言えば食!そして私は美術・アートが好き!

ということで「食とアート」をテーマに掲げ、たくさん計画を練って旅行に挑みました!

今回はその旅行について書いていきます!

目次

いざ北海道へ

プレ旅行のチームには笹さん🐼、酒瓶さん🍶がいて、

一日目の羽田~札幌まで一緒で、あとは自由に行動するという計画でした。

私は入社してから半年、社員の方にほとんど会ったことがなかったので、ご対面することにとても緊張していました!!

そのせいか、第一ターミナルと第二ターミナルを間違えていきなり待たせてしまうという失態。

それでも優しく向かい入れていただき無事集合できました。

(帰省するときには間違えたことなかったのにーーー)

その後も保安検査場を通過し無事搭乗。

悪天候でしたがちゃんと飛び立ってくれました!

なかなかの悪天候

一日目

まずは三人でお昼に焼き肉を食べました🍖

高級な肉についてくる名札付きの肉です!

牛タンの厚みにテンションがめちゃくちゃ上がりました!

どれもおいしくて早速北海道最高!となりました!

酒瓶さんとはここで解散し、私と笹さんはいったん会社の民泊に移動、ここから各自で自由に観光になりました。

私は北海道立美術館へ行き、「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」に行きました。

入り口にあったポスター

見どころは、フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》という作品です。

この作品の画中画(絵の中の絵)は上塗りされ、長年隠されていたのですが、

それを最新の調査と巧みな修復技術によって約360年越しに修復され、姿を現したのです!

めちゃくちゃロマンがありませんか?????

東京で展示されている間はチケットが取れず行けなかったので、

今回北海道で行けてよかったです!落ち着いてゆっくり鑑賞することもできました!

美術館を後にして少し休憩するため趣のあるカフェへ…

森彦」という喫茶店で雰囲気が良さそうで行ってみたいところの一つでした!

ジブリに出てきそうな外観!

薄暗くて落ち着いた雰囲気の中、すごくしっとりして密度の濃いチーズケーキと

挽きたて感満載のコーヒーをおいしくいただきました。

雨と鑑賞後の疲れ(良い疲れ)で脳を休め、しばらくボー――っとしてました。

ボーーーっとできる喫茶店は良いですね◎

おいしくて食器もかわいかった◎

喫茶店で一息ついて次は夜パフェに行きました!

笹さんに教えていただいた「ななかま堂」です!

昭和感残るレトロな建物の中にあり、お店も和テイストで落ち着いた雰囲気でした。

メニューを見るとどのパフェも豪華で、聞いたことのない果物やスイーツの名前もちらほらあり勉強になりました!笑

調べながらメニューを解読し、さんざん迷って1日10個限定の「蓮華座」というパフェにしました!

そして待つこと10分、蓮華座が到着しました。

すごい…

荘厳だ…

食べていいのか…

鑑賞タイムにしばらく浸り食べてみると上品な味で筆舌しがたい独特な味がしました。

説明書がついていて、その説明通り通り初夏の蓮の花を想像しながら味わいました。

蓮の葉のような「ナスタチウム」という葉がかわいい。

目で見て、味わって楽しいパフェでした!季節のものの多いのでまた別の季節に行きたいと思いました!

1日目はここまで!

二日目

二日目は「モエレ沼公園」というところへ行くため朝から行動しました!

モエレ沼公園は札幌市内にあるイサム・ノグチ設計の総合公園で、

「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトで造られたものです。

モエレ沼公園 イサム・ノグチ設計
モエレ沼公園 イサム・ノグチ設計 モエレ沼公園 イサム・ノグチ設計

札幌から行きやすく、コンセプトが面白いので行ってみたいと思ってました。

バスに45分ほど乗り、降りてみるとモエレ沼公園が全く見当たりませんでした…(?)

地図を見てなんとなく道路に沿って歩いていると、車が通ったような跡のある草むらがあったので

不安に思いながらもそのあとを通って歩いていきました。

人間の通る道ではない気がしながらも突き進む

近くに白樺の林もありました。

野生のリスを探してみましたがいませんでした。

雨の中15分くらい頑張って草むら&砂利道を歩いていると無事に公園の入り口に到着しました。

到着して気づいたのですが、どうやら草むらを歩かなくても人間が歩くべき道が別にあったようです。

「豊畑」と「モエレ沼公園東口」というバス停があるのですが、行くときは

ぜひ「モエレ沼公園東口」のほうで降りてください…

公園に着き、まずはガラスのドームに入りました。入場は無料です。

ガラスのドーム自体は小さいのですが、1階が地面の高さと同じなので、

建物の中という感覚がなく、不思議な空間の広がりを感じました。

写真を取り忘れたのでぜひ実際に行って体験してみてください!

入口から見るとピラミッドみたいに見えますが、実際はいろんな面で構成されていて、

外から見たの印象と中に入った印象も違うのでそこも面白かったです!

ガラスのドームの中から撮影

ガラスのドームを堪能し、雨の弱まったので山のほうへ行ってみました。

なだらかで頂上まで行けそうに見えたのですが、

登ってみると思ったよりきつくてこの辺まで来たところで「降りられなくなるな」と思って引き返しました。

簡単に登れそうですがめちゃくちゃきつくて断念

晴れてる日にリベンジしたい!

そろそろ帰ろうかとしているころにレンタルサイクルがあるのを見つけ、

これも晴れてる日にぜひ乗りたいなと思いました。

公園はとても広く、空気も澄んでいたのでサイクリングにピッタリだと思います!

乗っていないですがきっと楽しいのでオススメです!

東口のほうのバス停で降りればすぐに見つけられるところにあったのでぜひ!

自然と人工の融合という感じの不思議な空間で、行ってよかったなぁ場所でした。

札幌に戻り、お昼には時計台ラーメンを食べました。

雨でちょっと肌寒い時に食べる時計台ラーメン最高…

また悪天候になり疲れもたまっていたので、

北菓楼」でシュークリームを購入し、民泊へ戻りました。

店内もとてもきれいだったので次は店内でも食べたい…!

すすきのの民泊のテレビはFireStickTVがついていたので、

NETFLIXで好きな韓国ドラマを見て、YoutubeでKPOPを堪能し疲れを取っていました。

疲れも取れてきたので2日目の夜パフェに出かけました。

この日は「パープルダリア」というところへ行きました!

ここのお店はネオンぎらつくおしゃれな令和の純喫茶(矛盾)風で、

パフェもかわいい!そして重量感!という感じで1日目のななかま堂とは

また違った雰囲気、魅力のあるお店でした。

とにかく大きかったです。

本当はこの後に海鮮丼を食べに行くつもりでしたがパフェでおなか一杯になり、

疲れもあったのでおとなしく民泊へ帰り2日目は終わりました。

最終日!

最終日の3日目、この日にやっと天気が回復しました。

飛行機の時間もあったので、急いで大通公園と赤レンガを回り、

工事中だった赤レンガ庁舎

空港へ向かいました。

そして昨日食べ損ねた海鮮丼を食べるべくまっすぐレストランエリアへ。

価格と食べたいものを天秤にかけ、店員さんが何度も近くを通るのを感じながら熟考し、

心に従って五色丼を食べました。

素晴らしい丼体験でした

おいしくて北海道に来てよかった…と思いました。(n回目)

まだ少し搭乗まで時間があったので最後に「」という北海道に展開する喫茶店に行き、

北海道の旅を終えました。

帰りの飛行機は笹さんと一緒だったので、旅行のことや趣味の話、仕事の話などをして、親交を深められました。

こうして2泊3日の北海道旅が終わりました。

帰りの飛行機はとてもきれいな空が見られました

まとめ

「食とアート」テーマに旅をしましたが、結果的にかなり食の比重が高い旅となりました。

今回の旅では札幌を中心に回っていて、札幌近郊だけでも食や自然などたくさんの北海道の魅力を感じることができました。

他の都市にもいつか行ってみたいです…!

社員旅行という点では、ほとんど単独での行動だったので、

もう少し一緒に行動する機会があっても良かったのかなと思いました。

全員一緒でなくても、行先A、B、Cを設定していきたいところがあれば参加するという形にしたりするとか。

今後どういう制度になっていくのか楽しみです🌟

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる